羊毛フェルトでマスコットに挑戦

羊毛フェルトで我が家の飼い猫、まるとななを作りました。

羊毛フェルトを始めたばかりでしたので、途中、苦労しました。
羊毛フェルト 手芸の本を参考にしながら何回もやり直しです。

まるは黒猫、ななはキジ猫なのでいかに特徴を出すか、一生懸命です。でも、やっているうちに、羊毛フェルトの魅力にどんどん引き込まれていくのです。

2匹の猫が出来上がったときは感無量でした。
羊毛フェルトのふあふあな感じが上手く出て、家族にも大好評でした。自信がつきましたよー。

羊毛フェルトでつくった動物マスコット達はみんな本物そっくりにかわいい、ほんとにそう思います。

もっともっと動物マスコットを作ってみようと思い立ち、何を作ろうかと思い悩みました。

犬、うさぎ、パンダ、リス、小鳥、色々ありますよね。

何かのサイトで羊毛フェルトで作られたインコを見たことがあります。黄色がとても鮮やかで、羊毛フェルトで作られたものだと知ったのは後からでした。

黄色が映える小鳥といったら、インコかカナリヤでしょう。
どちらを作るか迷いましたが、羊毛フェルトの経験が浅い私にとっては、羊毛フェルトでインコの作り方が書いてある本を参考にして、インコ作りに挑戦したのでした。

羊毛フェルトでセキセイインコのあの黄色を忠実に表現してみたいと思ったのです。

インコの芯はトイレットペーパーで固くならないよう工夫しました。ポイントはくちばしと目でしたね。

インコが自然に止まり木にとまっている感じを出しました。
羊毛フェルト独特のふぁふぁした感じは小鳥の場合でも最高ですね。

羊毛フェルトを知らない頃、小動物、小鳥を毛糸の編み物で作ったことがありますが、段違いです。

羊毛フェルトが知られ出して、手芸の幅が格段に広がりました。
羊毛フェルト ハンドメイド作品はこれからもどんどん出てくるでしょう。

オークションにもハンドメイドの羊毛フェルト作品が出品されていますが、ひとつとして同じものはありません。

羊毛フェルトの奥の深さですね。

私もオークションに出品できるような羊毛フェルト作品が作れるように頑張ります。

羊毛フェルトで作った猫

羊毛フェルトを覚えたら本当に楽しいですよ。

羊毛フェルトで猫、犬、うさぎなどの小動物を作るのが夢でしたから、さっそく猫作りに挑戦しました。

編み物の経験があったので、割と順調に羊毛フェルトを覚えることが出来ました。

私は本で羊毛フェルトを勉強しました。どんな本があるのだろうと本屋さんに行ったのですが、たくさんあるんですね。

例えば、「かわいい!フェルトのマスコット」「フェルトマスコット&こもの」「フェルト羊毛の小物」「コサージュとアクセサリー」などなど、どれを選ぼうかと迷いました。

ふあふあした羊毛の特徴を最大に出すため、猫を選びました。
我が家にはまるとななという雄と雌の猫がいます。

アメリカンショートヘアーではないのですが、丸は洋猫と日本猫のミックス、ななは純日本猫のキジです。

羊毛フェルトで猫の特徴を出すために、2匹の猫を前に座らせ、写生することから始めました。

猫の姿を作り出すのに、最初の型を設定するのに多少苦労しました。本当はダンボール紙で芯を作りたいのですが、それでは出来上がりのふあふあ感が出せないと思い、トイレットペーパーを利用しました。

羊毛フェルトで作ったマスコットたちは、同じものが絶対ないオリジナルですから、作るほど楽しみも倍増です。

我が家の猫の出来上がりは?と思いませんか?
写真を載せると良かったのですが、自分でも感心するくらい、うまく出来ました。ええ、2匹とも満足です。

羊毛フェルト 猫の作り方って本もあるんですね。
私が書店に行ったときはその本がなかったんですよ。

ですから、ネットで紹介されていた方法で、見よう見まねで作りました。出来具合を心配していましたが、我ながら良く出来たと思います。

羊毛フェルトで作ったマスコットたち、本物のように手触りがいいです。

いろいろな小動物を羊毛フェルトで作り、ひとつの部屋をそのマスコットたちで一杯にしたいです。

おとぎの国を羊毛フェルトで実現してみたいのですよ。
もっともっと練習をして、より本物に近いマスコットたちを作ってみます。

羊毛フェルトを始めてみよう

羊毛フェルトには色々な楽しみ方があるようです。

羊毛フェルトを始めるにはどうしたらよいのでしょうか。
本屋さんにも羊毛フェルトに関する本がたくさん出ています。

羊毛フェルトで手芸を、動物のぬいぐるみを、マスコットを、バッグをなど、本のタイトルも様々なので、選ぶ楽しみもあります。

ふんわり羊毛で羊毛フェルトを。かわいい手縫いのマスコットが羊毛フェルトで作ることができたら、ワクワクします。

羊毛フェルトは手芸店でも教室を開いてくれるところもあります。編み物店でも教えてくれるようですよ。

羊毛フェルトは今や編み物などに取って代わるほど人気がありますよね。手芸の中心になってきているんですね。

たくさんのマスコット、バッグを作り、ネットショップを開店して、作品を出品したら、すごいことになるかもしれません。

実際、羊毛フェルトで作った作品をオークションに出品して、相当の収入を得ている人もいるようです。

羊毛フェルトでつくった作品は本物そっくりに見えるんです。

動物のマスコット、バッグ、それについつい食べたくなるようなお菓子やケーキなど次々に楽しみが出てきます。

羊毛フェルトをマスターすると、自分で羊毛フェルトの教室を開くことも出来ます。それほど楽しいものです。まさに夢をあたえる手芸といったところでしょうか。

私が羊毛フェルトで作ってみたいものは、猫、犬、インコ、うさぎなど動物ですね。特に小動物を本物そっくりに作りたいです。

その中でも一番作りたいのが猫ですね。それもアメリカンショートヘアーを。

子供達が好きだったアンパンマンも羊毛フェルトで作ってみたいですね。あのアンパンマンのふあふあした感じを羊毛フェルトで表現してみたいです。

羊毛フェルトで作ったたくさんの小動物たちを皆さんに配り、喜んでもらうことが私の夢でもあるのです。

羊毛フェルトを全くの最初から始める方は作り方のついたキットを購入して挑戦するのもいいですね。